読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
アクセスカウンタ
プロフィール
ゴルゴ
ゴルゴ
オーナーへメッセージ
インフォメーション

2010年07月30日

ヘットライト プロテクションフィルム

ゴルゴです。

ヘッドライトのくもりを除去する磨きを行っています。

ピッカピカになった後に・・・・

飛び石などの飛来物からその衝撃を吸収しライトを守ってくれる

ペイントプロテクションフィルムの施工をしていきます。

普通のフィルムとは違って高透過高分子ポリウレタンという素材で

とっても柔軟性と伸縮性があるすごいフィルムです。

見た目はレンズ自体がすごくクリアーになった感じです^。^

スモークやイエロー、ブルーなどのカラーもありますよ~
  


Posted by ゴルゴ at 10:28Comments(0)

2010年07月28日

CRーZ ガラスコーティング

ゴルゴです。

ホンダのハイブリット車CR-Zの入庫です。

ボディーのコーティングだけではなく、ホイルもウインドも

全身パックでのご注文です。


新車の塗装は工場から出ると外気にさらされるのでいろんな

影響を受けます、新車時のくもった感じやゆず肌を少しだけ磨いてあげると

中から、ゆで卵のようなぷるんとしたお肌が出てきます。

その肌に高級クリームを何度も塗り重ねていくと、空が映りこむ

ボディーになっていくんですよ~  同じ新車でも横に並ぶとまったく

違って見えますよ。


おまけのコックピット写真です。
  


Posted by ゴルゴ at 09:30Comments(2)

2010年07月26日

鉄粉被害 (工事現場)

ゴルゴです。

鉄粉被害のおクルマの入庫です。

洗車をすると塗装がこの間まではツルツルだったのにいきなり

ざらざらしていたことはありませんか?

自宅の近くや駐車場の近くで工事があっていると被害を受ける事が

あるんですよ。


これは、鉄粉が付いたボディーに反応する液をかけたところです。
(赤いところは鉄粉が付いているところです)
鉄粉は軽いので風にのってかなりの距離を飛んでいきます。

その着地地点がクルマのボディーだと最初は塗装表面の上に

のっているだけですが、数日たつと塗装の内部に食い込んで

いくんです。

では、塗装に食い込んだ部分までしっかり抜いていきます。

このおクルマは工事の方との話し合いで保険修理が成立

したので、お客様もほっとされていました^。^


おクルマがざらざらしてなんか変だとおもわれる時には、声をかけて

くださいね~

鉄粉や塗装ミスト被害の方はイズミクリーンにお任せください^。^



  


Posted by ゴルゴ at 09:13Comments(2)

2010年07月23日

ガラスコーティング ストリーム完成

ゴルゴです。


ストリーム君完成です!

外の太陽の下での確認をしていきます。

いい感じですよ~ ガラスコーティングの仕上がりは、ワックス

仕上げのような、ぎらぎらした艶ではなくとってもシャープで硬い

感じがしますね。

アップです~


全身コーティングの膜で包んでいます^。^

この度は佐賀からのご来店ありがとうございました。

おクルマのことで何かございましたらお気軽にご連絡

くださいね~

メンテナンスお待ちしております@@
  


Posted by ゴルゴ at 12:24Comments(0)

2010年07月22日

ボディー磨き 下回り編

ゴルゴです。


鏡を使ってマフラーを磨いています。

サイドステップやバンパーの下の部分もボディーのように

ピカピカにしていきます。



やりだすと、結構はまってしまいます^。^  


Posted by ゴルゴ at 09:26Comments(0)

2010年07月20日

ストリーム 鏡面加工

ゴルゴです。

ストリームくんの鏡面加工開始です。

マニュアルどおりの磨き作業ではそこそこの光沢しか

でてきませんので一台一台オリジナルのメニューを組んで

いきます。


この塗装にはこのコンパウンドとこのポリッシャーがOKで、次のクルマ

には、また別のセッティングという事がたくさんあります。



なにか、言ってくるんですよね~   塗装が・・・(笑

塗装の声を聴きながら進行中です^。^














   


Posted by ゴルゴ at 08:29Comments(0)

2010年07月19日

ストリーム ガラスコーティング

ゴルゴです。

ナイトホークブラックのストリームの入庫です。

HPを見ていただいて佐賀県からお越しくださいました^。^

まずは状態チェックをしているところです。


一台一台におクルマの施工カルテを作ってどこにどんな

症状があるなどを記入しているところです。


手洗い洗車からのスタートです。

やわらかい塗装なのでちょっとした力加減で線キズをつくらない

ように、やさしくやさしく進んでいきま~す。


つづく・・



  


Posted by ゴルゴ at 08:29Comments(0)

2010年07月15日

国際品質ISO審査おわったよ~^。^

ゴルゴです。

国際品質規格ISO:9001の審査がおわりました~^。^

この証明書は昨年のものですが新しいのが後日送られてきます。


ISOってどんなことしてるの?とよく質問されますが特別な事を

しているわけではないんですよ

たとえば・・

磨きの時につかうポリッシャーを一台一台細かくメンテナンスします。

分解して油をさしたり、カーボンブラシをチェックしたりコードの

損傷を見たり、悪いところは交換したり修理にだしたりして常に

最高の状態を保っています。

そしてすべて記録に残していくんです、スポンジバフやコンパウンド

ウエス、などなど常に最高の状態になっているかをチェックして

自分たちの基準に通らないのは使用できないようにしています。


このほかにも、時間があればまた紹介していきたいと思います^。^


カーディティーリング業界でのISO取得は業界初だったそうで審査の

先生も大変だったみたいです^。^





  


Posted by ゴルゴ at 10:37Comments(0)

2010年07月14日

ガラスコーティング オデッセイ

ゴルゴです。

オディッセイのボディーを磨いていくとどこまで復活

するのか、楽しみですね~

それでは施工前の写真と比べながら紹介していきます。

それでは施工後の写真です!

別の角度からの施工前

施工後です。

くっきりしてきましたよね~ まだまだこれからコーティング

を施工していくと、静まりかえった水面のように周りの景色が

ボディーに映りこむボディーになっていくんですよ^。^


新車と並べても負けないくらいのボディーに変身していますよ。

おクルマが疲れてきたときにはリフレッシュするとクルマも喜びます。

あと、5年は乗りたいと言われていましたが、どうでしょうか^。^

一台のクルマを長く大切に乗る時代ですね!

F様 この度はありがとうございました。

メンテナンスお待ちしております~



  


Posted by ゴルゴ at 11:54Comments(2)

2010年07月13日

ガラスコーティング オデッセイ

ゴルゴです。

オデッセイの全体磨きスタートです^。^


塗装とにらめっこしていますね~

普通の人が塗装面を真剣に見ると1時間くらいで目と集中力の

限界がきて、すごい眠気に襲われますよ~


鏡面加工は高い集中を保ったまま進めないといい作品が

できないんです。電池切れのままの作業は翌日やり直しに

なったりするんで、お客様にはあらかじめ余裕を持ってあずけて

頂いています。


完成写真はのちほど^。^  


Posted by ゴルゴ at 11:53Comments(0)

2010年07月12日

オデッセイ ガラスコーティング

ゴルゴです。

オデッセイのガラスコーティングの依頼です。

施工前のボンネットです^。^



これから、どう変わっていくのかお楽しみに!  


Posted by ゴルゴ at 18:20Comments(0)

2010年07月12日

swissvax

ゴルゴです。

お客様のおクルマを施工させていただいて、しばらくして 「最近

洗車が面白くない」 という声をいただくことがありました。

コーティングの状態の事だと思い、「おクルマのことで何か気になることが

ございましたか」、とお聞きしました。   

お客様がおっしゃるにはクルマがキレイになってよかったけど施工前は

洗車をしてからワックスで艶をあげて自分でキレイにしていくのが

楽しみだった、でも今は、洗車するとすぐにキレイになるから面白くない

という事だったんです。


お~こういう悩みもあるのか~^。^ ほっとした気持ちとお客様の楽しみを

とってしまったという複雑なおもいで何か対策はできないのかとずっと

考えていたところ、スイスヴァックスというワックスをみつけました^。^


SWISSVAXのワックスは最高品質のブラジル産カルナバロウを主原料に

、シナモンやアボカドといった種子や果実のエッセンシャルオイルなどを

加えた物で、自然から生まれた天然成分のみで出来ていますので、塗装

面を傷める事もない商品を見つけました。またワックスの中に研磨剤やクリ

ーナー成分が入っていないので艶を楽しみたい方にはお勧めです。



ワックスの艶がお好きな方にも対応できるように九州の福岡でスイスヴァックス

の販売の代理店になりましたので、ヨーロッパNo1最高級ワックスを

お試しされたい方はお気軽にご連絡くださいね~

代理店になったイズミクリーン株式会社です

  


Posted by ゴルゴ at 17:55Comments(0)

2010年07月07日

セルシオ 黒 ガラスコーティング

ゴルゴです。

黒いセルシオのボディーをツルツルに磨き上げた後に、

キレイなボディーをそのままパック(コーティング)していきます。

コーティングは塗装に塗りこんで拭き上げるだけの作業では

ないんですよ。いきなりお化粧をするのではなく、お化粧が載りやすい

ように、より定着する工程をしています^。^

コーティングのベースとなる膜を作っています。(これがお化粧の下地です。)

中波の赤外線で内部からも乾燥をさせることによって質の高いシリカ

ガラスの膜が形成されていきます。

一年をとおして同じクオリティを維持できるように外部の気温や湿度に

影響されないオリジナルのシステム施工を行っていま~す^。^


焼き付けて乾燥をさせる、その上にガラスの膜をまた重ねていくと

こんな感じになります^。^

鏡みたいですね~ 黒い車の仕上がりを見ると今までの疲れが

報われますね、実際に人の目で見ると車の存在感が違いますよ~

K様、 この度は、有難うございました。

メンテナンスでお会いできるのを楽しみにしていま~す、

スタッフ一同。

  


Posted by ゴルゴ at 10:40Comments(0)

2010年07月06日

セルシオ 黒 ガラスコーティング

ゴルゴです。

磨き屋さんで一番神経をつかうクルマの色はソリットの黒

なんですけど、イズミクリーンの入庫するおクルマも黒が本当に

多いんですよね~。

今回は30セルシオの黒です。

なぜ神経を使うかというと、暖色系のクルマは線キズやスクラッチ

キズなどが反射しにくくとけ込んでいくんですけど、黒系は少しの

キズも反射してしまう為、塗装面を鏡のように磨くにはかなり集中して

進めないと次の工程に進まないんですよ^。^

どれかひとつの工程が不十分だと濡れたような艶はでてきて

くれないのですよ~

ライトに照らされたお肌とにらめっこが続きます。

  


Posted by ゴルゴ at 22:55Comments(0)

2010年07月04日

ISO国際品質保証規格。

ゴルゴです。

イズミクリーンは、カーディティーリング業界では日本初の

ISO9001品質規格を6年前に所得しました。



今日はコンサルティングの先生に来てもらい更新審査の

準備を整えています。

ISOは品質や環境を世界基準で取り組む規格なのですが

ゴルゴが仕事をはじめた頃はままごとみたいなかんじでしたので

この規格を取得することで、イズミクリーンにもお客様にとっても

絶対プラスになるとおもいこのISOをはじめたのでした^。^

この後、スタッフもまじえてのミューティングです。















  


Posted by ゴルゴ at 11:41Comments(0)

2010年07月04日

水垢の正体。

ゴルゴです。

新車のクルマには開閉部分がスムースに動くように潤滑油

がぬられています。

これは、ガソリンコックの内側です。

近くで見てみると。

え~こんなに~

メーカーによってさまざまですがこのグリスや潤滑油は雨などで

油を含んでボディーを流れるとその部分に汚れをよびこみ黒い

線すじの様な水垢ができるんですよ~。

もちろん、キレイに取り除きますが、とりすぎるのもよくないので

はみ出している部分だけ除去します。

すっきりしましたね。接合部分の油は残っているので開閉も

スムースですよ。


新車のコーティング作業は、こんなところにも気をつけて作業しています^。^





  


Posted by ゴルゴ at 11:07Comments(0)